特許・実用新案・意匠・商標の外国出願なら
ishihara & ishihara

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索
HOME > 商標ガイド > 商標登録出願の基礎知識

商標登録出願の基礎知識

概要

これまで商標登録の対象となる商標や商標権の効力について説明しましたが、商標権は、「商標登録出願」を行って商標登録を受けた商標に対して与えられる権利です。従って、商標権を取得するためには、必ず商標登録出願を行う必要があります。
日本における商標登録出願から商標権取得までのおおまかな流れ(フローチャート)は、以下のとおりです。

trademark

早期審査制度

現在、商標登録出願から商標権の発生までの期間は約半年程度にまで短縮されていることから、実際に商標の使用を開始する前に商標権の取得が済むケースが大半となっていますが、商品のライフサイクルの短縮化などにより、商標権を取得する前に商標の使用を開始するケースも決して少なくありません。
そこで、そういったケースにおける早期権利化の要請に応える制度として、早期審査制度が設けられています。
これは、一定の条件を満たす出願については、出願人が出願日以降に申し出ることによって、早期に審査が行われる制度です。

早期審査の対象となる出願は、以下のいずれかに該当する必要があります。
  1. 商標の使用又は使用の準備をしており、かつ、権利化について緊急性を要すること
  2. 現に商標を使用又は使用の準備をしている商品・サービスのみを指定したもの
ここで、「権利化について緊急性を要する」とは、以下のいずれかに該当することを言います。
  • 第三者が無断で同一・類似の商標を同一・類似の商品・サービスに使用している、又はその準備をしている
  • 商標の使用について、第三者から警告を受けている
  • 商標について、第三者から使用許諾を求められている
  • 商標について、出願人が外国にも出願している
なお、早期審査の請求に際して、特許庁に追加の費用を支払う必要はありません。