特許・実用新案・意匠・商標の外国出願なら
ishihara & ishihara

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索
HOME > 特許ガイド > 知財経営のエッセンス

知財経営のエッセンス

知財経営とは

知財経営とは、一般的に、知的財産を経営戦略の要素として位置付け、事業活動に組み込むことによって、企業競争力を確保、維持、そして強化する経営であると考えられています。

知財経営の必要性

従来、企業における知的財産権は、技術開発の成果などを単に権利化し維持するという点がクローズアップされ、その存在意義として認識されていました。
しかし、海外メーカーの台頭や大企業の新規参入など、品質やコスト面だけでは市場における優位性を安定的に確保・維持・拡大することが一層難しくなっているこのような時代においては、競合他社の影響を最小限に抑えて利益を確保するための新たなアプローチが重要となっています。

技術開発の成果を知的財産という形で資産化することで参入障壁を形成し、市場における優位性を獲得・維持・拡大することで市場をコントロールし、そして、その市場において技術的な優位性の高い製品を製造・販売することにより、競合他社の影響を最小限に抑えて利益を確保する。

市場優位性・企業価値を創出する源として知的財産を活かした経営手法は、これを実現するための戦略的な経営手法です。

知財経営のメリット

企業価値を創出する源として知的財産を活かした経営が生み出す最大のメリットは、競合他社の影響を最小限に抑えた強固な利益確保・拡大体制の構築であると言えますが、果たして知財経営のメリットはそれだけに止まるのでしょうか。
その他にも、知的財産意識に対するビジネスパートナーからの信頼、知的財産に関する戦略を背景とする対外的な交渉地位の向上など、様々なメリットが考えられます。

事業戦略・研究開発戦略・知財戦略の三位一体

知財経営は、知的財産に関する戦略だけを単独で遂行しても成立せず、参入計画や競合他社への対応計画の策定などの事業戦略、そして市場状況を把握した最適な研究計画や製品開発計画の策定などの研究開発戦略といった従来行われてきた企業戦略に、知的財産に関する戦略を連動させることによってはじめて成立する企業経営手法であり、これらを除いて考えることはできません。